東北地方大震災をうけて

 東北地方太平洋沖地震とその津波で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに,現在も被害に遭われている多くの方のご健康,行方不明者の早期発見,早急な復旧をお祈りしております。


募金活動にご協力ください

東日本大震災から一年を経て

 東日本大震災をうけて,団員一同様々な思いを抱いた一年となりました。私たちになにができるのか? 震災直後は


サマーコンサート2011にて募金活動を実施致しました。

 このような深刻な状況下で,私たち岡山大学交響楽団にいったい何ができるのか。団員の間で様々な議論がなされましたが,7月2日(土)に開催した,サマーコンサート2011当日,会場内にて募金活動を実施し致しました。
 集まった義援金の総額は...

60,616円+2Kc(コルナ:チェコの通貨)

 でした。本当にたくさんの募金をありがとうございました。今回のプログラムでは,チェコの独立を願った,「モルダウ」を演奏しましたが,それにちなんでのユニークな募金もありがとうございました。
 集まった義援金は,今後団員からの募金も合わせ,全額「あしなが育英会」を通して,地震や津波で親を失った子ども達への支援や,被災した子ども達の心のケア活動の支援に当てて頂きます。たくさんの方の,あたたかいご協力に感謝致します。ありがとうございました。

要項

  • 平成23年 7月2日(土) サマーコンサート2011当日 会場内にて行います。
  • 開場から開演,休憩,終演後の時間を利用します。
  • 集まった義援金の総額は当HPにて公開します。

*この件に関するお問い合わせは,こちらからお願い致します。


東日本大震災,被災者追悼・復興祈願演奏を行いました。

 7月2日(土)に行われた,サマーコンサートでは,募金活動の他にも,今回の東日本大震災で被災された方のご冥福と,今後の被災地の復興をお祈りして,メインプログラムで演奏した,ベートーヴェンの交響楽団第7番の第2楽章をあらためて演奏致しました。この第2楽章は「葬送行進曲」ともいわれ,棺を担いだ行列が,右足→そろえる→左足→そろえる...としずしず歩いているテーマがずっと流れています。
 3.11はアンコールプログラム選曲の時期でした。その日,団員たちはBOXでサマーコンサートに向けての強化練習を丸一日行っていたので,「地震があったらしい」という話は聞きましたが,そんなに大事とは筆者自身思っていませんでした。おそらく,他の団員もそうだと思います。ところが,家に帰ってテレビを付けたとき,目を疑いました。こんな悲惨なことが現実に,しかも日本で起こっているなんて... その後のアンコールの選曲で自ずと第2楽章を被災された皆さんのために演奏しようという意見がだされ,今回のプログラムに至りました。いくら祈願演奏したからといって,直接的に支援できる訳ではありませんが,音楽を通して,言葉では言い表せない「思い」が東北のみんさんに伝われば幸いです。